忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/05/26 05:16 |
カミングアウトされちゃった話
昨年,ゲイに間違われた.いや,間違われたっていうと語弊があって,実際ワタシはゲイなんだけど,とにかく突然ゲイ扱いされたのだ.

高校の時に尊敬して親しくしていた女性の先輩がいて,卒業以来連絡を取り合うこともなくすっかり過去のヒトだったんだけど,昨年,ひょんなことでネット上で繋がることができて,積もる話でも,ってことになった.20年ぶりの再会.相手は子持ち専業主婦になってて,二人目がお腹にいるとのことだった.

ワタシは,ちょっと初恋のヒトに会うような気分で意気込んで,二週間前から少し高級な中華を予約してその日に望んだのだ.

待ち合わせで会って5分で当時のような感覚に戻って,楽しい食事をして,その後楽しいコーヒーを飲んでいたときのこと.会話的には,ふつうに恋愛とか子育てとかそういう話だったんだと思う.避妊の話になって,ワタシはいつものように脳内変換で彼氏を彼女に置き換えて喋ってたんだけど,突然その女,こうのたまった.

「でもさ~のらくろ君て,ゲイだからそういうの関係無いんでしょ?」みたいな.はぁ~~?

ワタシはこの女にカミングアウトしたつもりもないし,この女と最後に会ったのは17歳のゲイデビュー前だからさ,そんな前提で喋られても,チョー不本意なんだけど.

で,抗議した.

「は?何その前提??ゲイじゃないし,なんでゲイの前提で話してんの?」と.

そしたら,

「あ,ごめーん,ゲイじゃないんだ?だって物腰柔らかいし,ソフトだし,どうしてもノンケには見えなかったの.絶対ゲイだと思ってたから,その恋愛話も多分彼氏のことだろうなと思ってた.ごめんねマジで~」ってのたもう.

いや,お見通しならお見通しでいいんだけどさ,

「ゲイでしょ?」っていきなり言われて,「はい,そうです」っていう流れでも想定したのか?

それってつまり,おまへが決めた強制的なカミングアウトってことじゃん.

ワタシはカミングアウトする相手は自分で選ぶし,20年ぶりに会って話しているだけのお前には選ばれる権利は無い!

で,その女,昔からカンのいい女だとは思ってたけど,そんなに失礼な女だとは思ってなかったので,それ以来お付き合いを遠慮させて頂いている・・・っていうのが定石だけど,なんだかんだでウマが合うので,今でも結構つるんでる.ただ,それまで名前で呼んでいたのだけど,その一件以来名前の代わりに「失礼。」っていうあだ名で呼ぶことにした.

そいつ,その失礼発言の後に,こうも言い募った.

「アタシ,あんたのこと高校生の頃からずっとゲイだと思ってたのよ.アテが外れて残念だわ」ってか,

俺が同性愛をカミングアウトするより,そっちのほうがもっと重要なカミングアウトだ.ワタシの青春を返せ.15歳の時分からゲイだと思われていたなんて.ショッキン.

その女は物分りがいいので頃合のいい頃にカミングアウトしてもいいとは思っているが,重ねて言うが,その頃合は俺が決める.お前が決めるな!って話.

#なんか,多分20年ぶりに会ったにせよ,妙な違和感を感じちゃって耐え切れなくなったんだと思う.それにしても,ダイレクトにヒトの性癖に踏み込んでくるなんて失礼千万だし,そういうことは胸のうちに仕舞うものですよ,って諭しちゃった.デリカシーの無い女は嫌.
PR

2009/02/16 06:38 | Comments(0) | TrackBack(0) | 愉快なゲイライフ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<手巻きタバコを始めた | HOME | すぐ脱ぐ人々>>
忍者ブログ[PR]