忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/05/26 05:40 |
まるます家 赤羽
この二年間のまぶたの居酒屋であるまるます屋さんに行ってきました.

到着時には,18:00だったけど6人のウェイティング.

20分くらい待って席に座れた.店のおねえさん達は他の店で聞くような塩辛な感じではなく,さっぱりしっかりした感じ.基本,優しかったです.

この店で食べたかったものは鯉のあらい,だけなんですが,おいしくてついついうなぎ蒲焼とかゲソ天なんかも食べました.

この店はうなぎの専門店で有名で,テイクアウトのうなぎ弁当目当てのお客さんも行列を作ってる.目の前で焼かれて運ばれてゆくうなぎ弁当を見てたら我慢できませんわ.

蒲焼は800円,1000円,1200円,1500円があるんだけど,1000円を頼んだら丁度そのときは1200円のしかなくて,それにしました.ふわふわで美味しかった.

酢味噌で食べた鯉のアライは,ちょっと口に当たる小骨が刺激的な淡白なお刺身.でも,鯉は妊婦さんに食べさせるくらい滋養があるらしいので,この夏バテ気味に効くのかと思います.

地元の鉄火肌の奥さんが,テーブルをちょっと広く使ってたカップルを叱り付ける(ちょっとあすこあんなに広々使ってんじゃない?って指差してた)ような江戸っ子な風景もあって,おもしろい体験だった.

お店全体の雰囲気として空気も客も従業員も流れていて,誰一人止まってない,その雰囲気が気に入りました.

基本,あまり呑みながら長居する客よりはビール一杯とうな重ひとつ食べてさっさと帰宅してくれる客が有難い感じの,流れのいい店でした.




鉄道博物館,微熱が出るほど楽しくて興奮した!!
レポートはノンケブログに書きます.
PR

2008/07/27 20:42 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<まるます家 続き | HOME | 西荻窪 ハンサム食堂>>
忍者ブログ[PR]