忍者ブログ
顎間ゴムを使い始めたら口腔内が忙しくなった
顎間ゴムを使い始めて6週間程度経過しています。

その間口腔内の状況が激しく変化しています。

1~2週間
舌の内側、右の金属フックが舌を傷つけて痛くて、大変でした。ゴムはいつも左側が切れていました。

3~4週間
舌の内側はあまり痛くならず、かわりに右の外側の肉をよく噛んで口内炎に。ゴムはやはり左側が切れることが多い。

5~6週間
途中で受診があり、ゴムの種類が変更に。この頃から右側のゴムがよく切れるようになり、左は切れなくなった。そして、今度は左側の頬の肉をよく噛むようになって、口内炎に。不思議なことに、右の頬肉は噛まなくなりました。そして、ときどき頬の筋肉(耳の前側)が筋肉痛になるように。

見た目ではわかりづらいのですが、途中の受診で「動きすぎるほど動いてる」というようなことを言われたので、顎間ゴムの効果が大きいのかと。

とにかく、痛くなる場所が常に変化しているので、かみ合わせがどんどん変化しているのかと思います。
PR

2019/08/06 17:24 | 43歳からの歯列矯正
前歯を比較




こうしてみると、鼻の穴の真下にあった前歯が、2年でかなり奥に引っ込んでいます。すごい。

2019/06/20 16:12 | 43歳からの歯列矯正
前歯の移動ー画像版
ブラケット開始時 2017年3月


犬歯の移動中 2018年8月


現在 2019年6月



2019/06/20 15:56 | 43歳からの歯列矯正
犬歯の移動-画像版
抜歯直後です。2017年12月


2018年12月ころ


アンカースクリュー使用開始


現在 19年6月

2019/06/20 15:53 | 43歳からの歯列矯正
歯が欠けた
6月の診察で見てもらったのですが、どうも6月頭あたりから、奥歯が欠けた気がしていました。

左下の大臼歯が妙にギザギザしていたのです。(また左)

Dr曰く、ああ、欠けていますね、とのこと。

治療しなくていいならしたくなかったのですが、治療は必要です、と言われ、予約を入れました。

いつも、矯正においては矯正医としか会わないので、歯科医の先生と話すの自体が久々になります。

2019/06/20 15:32 | 43歳からの歯列矯正

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]