忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/05/26 06:54 |
米が腐る八月
もう八月なんですね.

木曜日に炊いた米を炊飯器に入れたまま放置して土曜の夜に気付きました.腐ってる・・・匂いがやばいです.

この匂い,随分久しぶりに嗅いだような.

というわけで思い出話を.

20歳の頃に,タイ東北部の農村で一年近くヒモ暮らしをしてました.ワタシは日本人らしく白い肌だったので,黒い肌の男が多いタイでは肌の色だけでありがたがれて,ご飯を食べさしてもらってた.

そこは外国人向けの粗末な宿屋なんだけど,現地の若者のラブホテル代わりでもあって,特に,近くの陸軍のキャンプからたまに独身兵士が女の子を連れてやってきて,一晩の逢瀬をたしなんでた.

なかでも,タイ人にしては色白なマッチョでちょっと映画スターみたいな風貌のKさんは,車で2時間ほどの故郷の村に将来を約束した綺麗な彼女がいて,毎月1,2度は泊まりに来てたので,いつしか仲良くなって,朝ごはんを一緒に食べたり,タバコを吸いながらお喋りしたりするようになった.

ある日私を飼ってたおばちゃんが,娘に会いに泊りがけで出かけてて不在だったとき,彼らが泊まりにやってきて,朝ごはんを一緒に食べようってことになってたんだけど,炊飯器にたくさん残されてたご飯をよそったら,二人に「臭い!タロー,このコメは腐ってる!」って大爆笑されちゃった.

当時,一人暮らしも自炊もしたことが無かったので,米が腐るとか,臭うとか,どんな臭いになったら食べられないとか,そんな基本的なことも知らなかった.ただ,未熟だったんだね.

Kさんの美人の彼女には,「タロー,あんたいつもこういうお米食べさせられてるの?」って不憫そうな顔をされちゃうし,Kさんは口笛吹きながらバイクを出して屋台の焼き鳥(ガイヤーン)と米(カオニャオ)を買ってきてくれて,恥ずかしかったな.




ほかのゲイブログも読んでみませんか?

よろしければクリックをお願いします.

このブログに投票!
PR

2009/08/02 13:17 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<テルアビブの同性愛者支援施設で銃乱射、2人死亡 | HOME | ガラケーとTwitter>>
忍者ブログ[PR]