忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/05/26 07:01 |
革靴の延命措置
昨年,ストラップタイプの革靴の金具がぶっこわれて,年末お伊勢タン伊勢丹に修理に出していたのが出来上がっていたので取りに行った.きっちり修理されて磨かれていたので満足.

伊勢丹の靴売り場の店員さんて,どのくらい給料貰ってるのか知らないけど,身奇麗にしてちゃんといいスーツ着こんでるのに,客の使い込んだ靴を扱うような,結構汚れ仕事力仕事をしているから偉いなーっていつも思う.きびきびしてるし言葉遣いもちゃんとしてるし,「いい風合いでございますね」的な営業トークまでする.

修理箇所を確認して受け取りの際に,「踵もそろそろ交換されたほうがよろしいかと存じますので」って言うから「あとどのくらい履けます?」って聞くと,「そろそろってところですね」って,そんなら修理依頼するときに言ってくれれば一緒に修理できたじゃんか!ってことで有能な伊勢丹の店員さんも完璧ではないってこと.

ストラップ金具とゴムの交換@伊勢丹
片足2500円
12/29依頼 1/20仕上がり

ちなみに踵の交換は,
ダイナイトソール ゴム踵の交換@伊勢丹
片足4000円
午後6時までに依頼すれば当日仕上がりだそうだ.

考えてみたら,革靴の延命措置,両足で5000+8000円の13000円なんだけど,安い革靴が買える値段だな.この靴自体は30000円で4年使ったのでもう四年使えると仮定したら,年あたり約5000円でランニングコストとしては安い.やっぱり革靴は最低3万出したほうが得ってことになる.
PR

2009/02/01 08:58 | Comments(0) | TrackBack(0) | 日常のこと

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<息切れ自己紹介 | HOME | 【不定期連載・アルコール依存症とわたし】飲んでもいいのか>>
忍者ブログ[PR]