忍者ブログ
ゲイであることを忘れる
自分は紛れもなくゲイだけど,

恋人いない,ハッテンもしない,ゲイタウン,飲み屋にも行かない,特に親しいゲイの友達もいない,となると,

自分がゲイであることを忘れてしまう瞬間がある.

毎日会社に行って,週末は泳ぎに行って,勉強して寝る.

どこにゲイテイストがあろうか.

確かに日常のなかで,あいつがいい男,とかいい身体,とか思うことはあってもそれはあまりに日常で,自分の中から自然に湧き上がる欲求であるので,もはやゲイであるという自覚からはかけ離れている気がする.

いつも頭の片隅にゲイである自覚が必要か否かは別として,たまに友人達と飲み会をしたり,飲み屋に月一でも行くのは必要なイベントなのではないかと思った.ゲイです,ゲイです,ゲイです.
PR

2008/09/07 23:04 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<The Temptations | HOME | ナマステフェスティバル/夏の終わり>>
忍者ブログ[PR]