忍者ブログ
恋愛におけるSNSの役割
さてぇ,酔った勢いで若い子に告白して玉砕したりするワタシなんですけど,まぁ確かに,初対面で背中から抱きしめて首の匂い嗅ぎながら「いい匂い,アドレス教えて」って言ったら,玉砕もするわな.

ってことで,恋愛におけるSNSの役割について考えてるんだけど,正直,SNSって邪魔じゃない?

パーティとかで,誰かと目が合ったときに「あ!こいつが好き!こいつとヤリたい!」って思う気持ちはすごく純粋なもので,その時点では相手が腹黒だろうとか,ネクラだろうとか,いろんな心配はしてないと思う.だから臆せず電話番号を交換したりできるんだけど,そこでとりあえずマイミクになろう,みたいな流れはあんまり歓迎できない.

だって,ワクワクしながら帰宅してその子のページを見たら,プロフィールにすごいこと書いてあったりすると引くじゃん?

「東大卒」とか書いてあると,ちょっと風変わりな痴話げんかしちゃいそうだし,「家賃30万のマンソン住まい」とか書いてあると,格差!格差!って叫んじゃいそうだし,「Free Tibet」とかのコミュに入ってると,ちょっと面倒臭い話し合いをしてしまいそうだし,まぁ,そんな極端な例は無いにせよ,はじめて目があったときの「あ!やりたい!」っていう気持ちを萎えさせる要素がたくさんあるんじゃないかと思ってね.だいいち自分自身が,電波ユンユンの長文自己紹介文を書いてて,参加コミュニティは「アルコール依存症」に「鉄道ファン」だったりするんだから,イチゲンさんを萎えさせる要素たっぷりなのだ.

誤解なきよう言っておくけど,別に東大卒で30万のマンションに住んでてフリーチベットでも,人柄が良くて可愛ければ何の問題もないし,付き合っていくにつれてじょじょにそういう要素を知り合っていくのはむしろ楽しそうなんだけど,初対面の緊張した状態で,メール一通出すのにあれこれ考えちゃうような時期には,むしろ相手の情報を何も知らないほうが,無邪気に恋愛に突入できる.SNSに書いてあるちょっとした情報は,ブレーキになっちゃうこともあって,むしろマイナスなのかも知れない.そう考えると,モテ目的でSNSを使うっていうのは果たしていいことなのか,って思う.プロフにいろいろ書いてても,たとえモテ系を装ってても実際会ったときのギャップが大きいと残念だし,そんなら,個人情報は出さなければ出さないだけ有利ってことになるんじゃないのかな.

それから,ワタシはブログランキングのバナーを二種類載せてて,「Gaylog.jp」さんと「日本ブログ村」さんなんだけど,今月頭に,どっちのバナーが効率がいいか試してみたいので,ってことを書いた.で,今月はGaylog.jpさんをメインに運用していたんだけど,結局おんなじくらいだった.

ある一週間のリンク元を集計してみたら,Gaylogさんが70,ブログ村が100くらいのアクセスがあって,一見ブログ村のほうがアクセス効率が良さそうだと思ったんだけど,考えてみたら,ブログ村の場合は同性愛カテゴリだけじゃなくて,一般カテゴリからもこのブログがリンクされているから,純粋にゲイだけが訪問しているとも限らない.一方で,Gaylogのほうが男性同性愛者だけが利用してるので,純粋にゲイだけで70アクセスってことになる.そう考えるとまぁだいたいだけど,おんなじくらいだな,っていう結論にしました.

今度時間あったら正確な統計とかも載せてみたいです(って言ってやった試しはありません)
よかったらランキングバナーのクリックをお願いします.

このブログに投票!

今日のミュージック
LOVE TWINS - DIANA ROSS & MARVIN GAYE


★ご面倒でなければこちらもクリックお願いします.(ランキング)携帯・PCとも可能.
このブログに一票(ブログ村)
PR

2009/03/31 22:04 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<鏡の無い世界だったらちょっと住んでみたい | HOME | 丸ノ内線ワンマン運転のお知らせ>>
忍者ブログ[PR]