忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/05/28 07:17 |
ゲイ専用xx
えー,世の中にはいろんなゲイ専用があります.Mixiのコミュニティはポピュラーだし,Twitterだって使いようによってはゲイ専用にできるし,ゲイ専用SNS,ゲイ専用飲み屋(ゲイバーですね),ハッテン場,などなど.やろうと思えば周りの人間関係もゲイばっかりで固めることができる.でも今の私にはあまり有り難いものではないなーなどと今日は思いました.

同じゲイであるから仲間だ,嬉しい,楽しい!っていう感覚は,ゲイデビューしたての頃にはあったんですが,いざその世界に入ってみると,怖いおねぇさんもいるし,意地悪な人もいるし,なかなかの茨の道だったりします.つまりは,同じゲイであっても普通の人間社会なんですよね.程なくして仲間幻想はなくなりました.

ゲイ同士だと,セクシャリティの共有はできるのですが,それ以外の,音楽とか,趣味とか,人間性とか,育ってきた環境とか,そういうのはどーなの?と考えると,私は比較的,ノンケの人脈のほうが共有できるネタが多くて,仲良くなりやすいなと思ってます.ゲイの人達は,セクシャリティが同じというだけで,それ以外の部分に目を向けるとむしろちょっとソリが合わない人が多いとか,若干の苦手意識を持ってます.

もちろん,ゲイのコミュニティを責めるつもりは全く無く,ゲイの人脈の中で,セクシャリティも同じで,共通の趣味,考え方を持っていて,話の合う人に出会うのはとても嬉しい,有り難いことなんです.ただ,パイが違いすぎて,なかなかそういう機会は無い.やっぱり絶対数ではノンケの中で心の友と会う確立のほうが高いのですよね.

だから,ついったーみたいなSNSを使うにあたっても,なるべくセクシャルマイノリティーから,マジョリティーまで分け隔てなくお付き合いしたいなと思ってるのです.ただ,周りのゲイの人を見てるとやっぱり,圧倒的にゲイの人だけと絡みたいという人が多いので,私のそういう感覚がゲイの中でもちょっと変わっているのかも??みたいなことを考えておりました.その辺が,私がちょっと絡みづらい人と思われる所以なのかもしれません.

この感覚,年齢とかゲイの経験にも左右されるものだと思います.もし私がゲイデビューして間もない若者で,出会いをいつだって探してる人だったら,せっせとゲイの人を見つけて繋がって,お喋りして・・・ということをしたでしょう.今の私はもうその時期は過ぎて,セックスはどうでもいいんだけどいろんな人のいろんな言葉を見たいし,セクシャリティに関わらずソリの合う人を見つけたいという考えを持ってます.

自分がそんなにモテるタイプじゃないというのも1つの要因なんでしょう.もしも超絶売れ筋ホモだったりすると,歓楽街に歓迎されてとっぷりと浸って閉鎖されたエリアに何の疑問も持たないで暮らせたかもしれないし,私がなんとなくゲイの社会に感じてる違和感とかソリの合わなさには気付かないで生きていたかもしれない.幸い?モテるタイプじゃない私は,ゲイ専用のいろんなサービスにある種の閉鎖的な雰囲気を感じてしまって,もっと自由な空気を求めているのだと思います.

ゲイ専用SNSとか,私はやってないのですが,ああいうのも女性専用車両と似たような,ちょっとキビシー雰囲気がありそうであんまり魅力を感じないんですよね.

ほかのゲイブログも読んでみませんか?

よろしければクリックをお願いします.

このブログに投票!
PR

2009/11/05 00:24 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<脂気の抜けた人の日記 | HOME | 朝日を目に射して>>
忍者ブログ[PR]