忍者ブログ
ノンケは覚醒しろ
前のエントリにもちょっと書いた次第なんだけど,世の男達が「男の子牧場」にあんなに反発したっていう事実にノンケ男の本質を見たような気がした.

男の子牧場っていうのはサイバーエージェントって会社が作った女性専用SNSで簡単に言うと,自分が牧場主になって知り合いの男を家畜として仮想的な牧場に放牧して女友達と共有しあうっていうサービスだったんだけど,私にはいまいちその「怒りのポイント」がピンと来なかったんだ.もちろん個人情報の取り扱いとかザルだな,って思ったんだけど,ネーミングとかアイコンの取り扱いについて「そのまで怒るか?」って感じだった.

それっていうのは背景があって,ワタシは毎月多数リリースされるゲイビデオのジャケットを眺めるのが趣味なので,しょっちゅう「肉便器」だの「奴隷」だの,「雄汁雄膣」だのっていう単語を目にしているから,あまりにも慣れすぎていて,男の個人情報がウマや牛のアイコンで表現されるってことに,何の違和感も感じなかったってこった.しかも,自分があまりに見慣れているから,「ゲイは皆そうなんだ」って思って先走って,ゲイには違和感無いだろうけど・・・って前提でブログを書いてしまったくらいだよ.

そのことをずっと頭の中で考えていて,なにやらひらめいた.女って生き物は,随分遠い昔から男性の力に屈していたし,性的な目線で見られていたんだよね.今の,ノンケ向けAVなどを見ても,宿直の看護婦を犯したり,電車でOLを犯したり,会社で部下を犯したり,みたいなシチュエーションってすごくある.そして,女達はそれを確かに知ってて,自分がいつだってそういう目線で見られることを分かてる.つまり,「男の子牧場」のコンセプトやネーミングに違和感を覚えなかった私と同様に,女って,家畜扱いされることに慣れすぎていて,他人を家畜扱いするセンセィティブさに気付いてない人が少なからずいるのかもしれないね.

こうなったら,じゃあ,ノンケ男はどうかっていうと,ゲイ男子,ノンケ女子,ノンケ男子の中で唯一ウブなのがノンケ男子であって,これまで社会的にそういう扱いを受けたことが無いせいで,ちょっと自分がウマのアイコンで表現されたり,仮想の牧場に放牧されたりしただけで,過剰反応してしまうのも納得できるな~って思いました.

家畜に例えられることなんて,ゲイは慣れてる.女も慣れてる,慣れてないのはノンケ男だけ.っていう仮説.男女平等って言われてるけど,こういうところにやっぱり,男はこうして扱われるべき,っていう都合のいい考えが見え隠れするのかな?なんて思いました.かくなるうえは,もうちょっとコートやKOのゲイビデオもノンケ男の目に触れる場所に露出させたほうがいいような気もします.男達だって,こうして性的な玩具として扱われる可能性がある,っていうことを認識させたほうがいいように思った.

よろしければ挨拶代わりにクリックをお願いします.

このブログに投票!

今日のミュージック
Tubular bells by Mike Oldfield

PR

2009/05/20 21:38 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<羽咋にまつわる | HOME | 「男の子牧場」の件で追記>>
忍者ブログ[PR]