忍者ブログ
ハルンケアをたくさん下さい
026s
026s posted by (C)kj

もう西日本のほうじゃ桜が咲き始めたとかで,陽気もいいし・・・っていうか,陽気がいいどころか暑かった!なんか,今年は冬が無かったような気がします.ファンヒーターもそんなに使ってないし.

で,できれば二週連続で花見ができたらHappyだったんだけど,どうやら関東ではこの週末はまだ早いみたいだし,来週末が丁度見ごろで,その次の週末だともう葉桜なんじゃないか,って思ってます.花の命は短いんだね.

で,本命の来週末の花見.久しぶりに友達にも会いたいし,行きたいなーと思うんだけど,この時期の新宿御苑って,トイレが劇混みなんですよね(汗,毎回,おしっこをしたくなってトイレに行ってはちきれそうな膀胱をなだめつつ,列の最後尾に並んで・・・って感じなので,正直トイレさえなんとかなればいいのになぁ,っていつも思ってます.

「ベッドの真ん中がー一番寂しい~♪」じゃなくて,トイレに並ぶ時間って日常の中で一番切ない.特に朝の通勤途中に我慢できなくなって駅のトイレに駆け込んだときの行列が一番つらい・・サラリーマンであることが一番いやになる.まぁ,それはいいとして.

で,友達に「行きたいんだけどトイレが混んでるから尻込みしちゃうんだよね~」ってメールしてみたんだけど,後になって,それってあまりにも「おばちゃん」なんじゃないの?って思った.正直,トイレが心配だから外出したくない,って殆どアレですよね.ハルシオン.じゃなくて,ハルンケア.

http://harncare.jp/symptom/index.html

「最近,お母さんが外出しないって聞いて・・」縁側で娘の手紙を読むお母さん.ハルンケアの小包み.


くぅー泣ける!!

ってか泣いてる場合じゃないっつの.お母さんになってる場合じゃないっつの.

で,いっつも「やっちまった~」のときにお互いに報告し合ってる姐御(どーりょー)のところに行って「ねーねー頻尿だから花見行きたくないって言っちゃったー」って言ったら,それはおばちゃんだねーハハー!っていうことで妥結した.

で,そのまま姐御と理想の花見みたいな話をだらだらしてたんだけど,やっぱり,総合的に見て「近所がイイ!」っていうことになった.近所の公園でベンチに座って,一本か二本の桜の木を眺めて,コンビニで買ったビールとつまみで,2~3人で語り合う花見が楽しいよね~.って.

御苑の花見は友達に会えるし桜はもうえらいこっちゃ!ってくらい咲いてるから,素敵なのは当然なんだけど,今年はちょっと目線を変えて一度はそういう近所花見もしよう,って思った.

おばちゃんネタでついでに.

桜の季節といえば,アレなんですよ.

ヤマザキ春のパンまつり.
http://www.yamazakipan.co.jp/campaign/2009/spring/index.html

昨年,白い小鉢を三つもらったんだけど,この小鉢,シンプルで可愛いのでちょっとした小料理をよそうのに最適だし,耐熱ガラスだから下ごしらえのための電子レンジ使用もできて,すっごいヘビーに使えるんです.だから今年も何枚かゲットしようと思って,せっせとシールを集める昨今です.

029s
029s posted by (C)kj

東京の方,今,すっごく風が気持ちいい!窓を開けてみて!
よろしければワンクリックお願いします..

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ

今日のパン祭りミュージック
BETWEEN THE SHEETS -- 大好き! -- ISLEY


関連リンク

パン祭り
http://www.yamazakipan.co.jp/campaign/2009/spring/index.html

新宿御苑
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

花見
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E8%A6%8B

パンまつりでついに死者が(笑)
http://blog.livedoor.jp/nankai2000/archives/53167293.html

ハルンケア
http://harncare.jp/

★ご面倒でなければこちらもクリックお願いします.(ランキング)携帯・PCとも可能.
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
PR

2009/03/19 21:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<米国:同性愛擁護宣言、支持を発表 | HOME | 赤いスイートピーの感傷はほろ苦かった>>
忍者ブログ[PR]