忍者ブログ
重い女
あんまり他人に好かれることって無いんだけど.

同僚の年上の女にモーレツにアタックされて困ってる.

昨年,一緒にライブを見に行った帰りに寄った勢いで腕に抱き付かれたときに,「他に好きな人がいるから」って断ったんだけど,「私が勝手に好きになるのは自由だから」とかっていう自分勝手な理由でいろいろされてて.だから勘違いされないように思わせぶりな態度は極力避けて事務的に事を運んでいるつもりだ.

最近は,週に1,2回,前触れもなく手料理の差し入れをされてた.突然ツカツカと寄って来て,「食べて」って渡される.ワタシは弁当持参なので,プラス一品のお惣菜なんだけど,それだけでもちょっと重荷なので,度々遠まわしに断ってきた.

それでも差し入れが続いて,今日はとうとう,でっかいタッパウェアにみっちり詰まったラタティーユ(?)を渡された.しかも,昼食後に.

「もう,お昼食べちゃったんだけど?」って言ったら,「お家で食べてね♪」って言う.その後以下のようなやり取りになった.

私「正直申し訳ないのであんまり作ってこなくていいよ」

女「でも私いつも作りすぎてしまうから」

私「自分の食べる分だけ作ればいいんじゃないの?」

女「野菜が余ってしまうから」

私「野菜は後日別の料理に使えばいいと思うけど」

女「だって,切った野菜は鮮度が落ちるでしょ?」

私「そういえば今日,外食の予定なんだけど」

女「大丈夫,私このラタティーユ,一週間かけて食べるから」

私「いや,あなたは大丈夫かもしれないけどさ・・・おなか壊さないの?」

女「私は全然大丈夫だし」

私「・・・・・」

「重い女」っていう意味をよくわかってなかったんだけど,重いっていうのがどういうことか良くわかった.重いっていうのは,朝,誰かの顔を思い浮かべながらタッパに手料理を詰めることだし,タッパをカバンに入れて通勤することだし,手料理タッパを職場の冷蔵庫に入れてゲイの同僚に昼食後に差し出すことだ.

私にとっては手料理というより手榴弾だ.だって,①脈有りと思われたくないから義理のセックスも何もお返しできないし,②タッパに入った手料理って普通の神経の持ち主は断れないし,③すごく気持ちが悪いのに他人に打ち明けるとモテ自慢だと思われるから言えないし,正直,セクハラだと思うんだけどどうだろう?.

私は,こうしてすっかり気持ちを壊されてしまって帰宅してからこういうメールを書いた.

「ご親切は有り難いんだけど,今付き合ってる人がいて,自宅で一緒にご飯を食べようとするときに,よその人が作った手料理があるとちょっとトラブルなので,悪いけど今後はそういうのはナシにしよう?」って.

そしたら,アテツケに「私は余りモノで運命の人に出会えない云々・・・」みたいな鬱鬱なMixi日記を公開された(ノンケMixiで).勝手に好かれて勝手に手料理攻撃されて,挙句悪者扱いされて,こっちまで鬱になるなんて,何も生産されてなくて酷い有様.

ゲイにはモテないのにへんな女にはモテる.立ち直る時間が欲しい私に応援のクリックを・・・・

このブログに投票!

今日のミュージック


★ご面倒でなければこちらもクリックお願いします.(ランキング)携帯・PCとも可能.
このブログに一票(ブログ村)
PR

2009/04/28 06:14 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<許せるか赦せないか | HOME | Are you still mine?>>
忍者ブログ[PR]