忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/05/28 08:08 |
私の歯科医選び
前にも書いているかもしれません。

歯科医は矯正のために選んだのではありませんでした。

2016年末に、奥歯のクラウンが食事中に突然取れてしまって、それで近所の歯科医に相談にいったのが最初です。

その歯科医は最近できたばかりの新しい歯科医で設備も建物もぴかぴかで、院長は若い男性でした。地元の公立高校(一番頭いいところ)を卒業していて私の出身校にも近かったのでなぜか安心感があり、そこに通うことに決めました。

それで、ちょうど資金的にも、時期的にも(3年くらいは転居の予定がない、定職についている)、ちょうど矯正できるなと思い始めて、その歯科医で矯正の相談をすることに決めました。

そうしたら値段的にも払える額だったし、近所だから徒歩で通院するのも楽だし、ここでいいか、って決めました。

表側矯正ははじめから決めていたので、その他のやり方等はまあ、素人だからよくわからないし、特にセカンドオピニオンは取りませんでした。

矯正医は大学でたばかりみたいな若い男性ですが、手先が器用そうだし、慎重そうなので、特に問題は感じませんでした。それで矯正してもらっていますが、結論を急ぐことなく慎重にやってくれているので、医院も院長も、矯正医も治療方針もいまのところ不満ありません。

近所には長年やってる矯正専門医もあるのですが、なんでそこを選ばなかったかというと、歯科の総合医ではないので虫歯の治療や抜歯はたぶんやってくれないし、昔からある医院だから設備も古いんじゃないかな、と思ったから。
PR

2017/04/29 10:56 | 43歳からの歯列矯正

<<介護や保育の男性職員が言われがちなこと | HOME | 3回目の受診 下にもブラケット装着>>
忍者ブログ[PR]